WP QUADSの設定方法と使い方【AdSense Managerは古すぎ注意】

WP QUADS 設定 方法 使い方

こんにちは、きゃぷてんです。

これまで、アドセンス広告をショートコード化し管理を簡単にしてくれるプラグインとして「AdSense Manager」にお世話になっていました。

しかしながら、AdSense Managerには、この記事を書いている時点でも全く更新されていないと言う問題があります。(と言うよりも一覧にすら出てこなくなっている)

プラグインが更新されていないということはセキュリティ的にどうなの?と疑問がありますし、不具合も色々と報告されています。そのため、AdSense Managerの代わりになるものを探していたところ、WP QUADSに出会ったわけです。

操作感などはAdSense Managerとあまり代わりはなく、スムーズに移行することができたので、本記事に設定方法と使い方を記載したいと思います。

WP QUADSを導入するメリット

WP QUADSを導入するメリットは、先代のAdSense Managerを導入するメリットと同じです。

  • 広告コードをショートコード化できる
  • アドセンス以外の様々な広告コード(広告コード以外も)利用できる

記事ごとに、ちまちまと広告(アドセンスコード)を貼り付けていた場合、広告を修正する際に全ての記事を確認しなければならないので、ものすごく面倒です。

広告はサイズを変えるだけでもクリック率がびっくりするくらい変わるので、意外と広告を修正する機会は多く、WP QUADSなどの管理ツールは必須になります。

また、最近ではブログの売却が流行っていることを考えると、広告の管理ツールを導入しておいて、いつでも売却できる準備をしておいてもいいでしょう。

以上のことから、アドセンスを使ったブログを運営しているのであればWP QUADSを導入しない理由が無いですね。

WP QUADSをインストール

プラグインのインストール方法については下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

WordPressにプラグインを追加する方法【超簡単に導入できるよ!】

2016.10.14

なお、検索ワードは「WP QUADS」と入力し、これを目印にしてくださいね。

WP QUADS 設定 方法 使い方

プラグインを有効化した際に、下のような画面が表示されたら「Skip – Go to Settings」をクリックしておいてください。

WP QUADS 設定 方法 使い方

WP QUADSの設定と使い方

WP QUADSのインストールが終わったら設定を行いましょう。この記事でお伝えするWP QUADSの設定と使い方は、以下の3つです。

  • アドセンスコードの登録
  • 広告を記事下に自動で表示
  • ショートコードの使い方
補足情報
WP QUADSの設定にはアドセンコード利用しますので、事前にあなたのアドセンスコードをコピーしておいてください。

アドセンスコードの登録

WordPressの管理画面(ダッシュボード)から、「WP QUADS」→「Ad Settings」の順にクリックしてWP QUADSの設定画面を表示させます。

WP QUADS 設定 方法 使い方

WP QUADSの設定画面を表示させたら、アドセンスコードの管理をしたいので「ADOSENSE CODE」タブをクリックしてください。

すると「Ad1,Ad2,・・・Ad10」と、合計10個のタブが表示されます。WP QUADSでは、10種類のアドセンスコードをショートコード化できますので、サイズ・種類を加味して「よく使うもの」を登録しておくと便利です。

では、今回はWP QUADSを初めて使うので「Ad1」をクリックしましょう。

WP QUADS 設定 方法 使い方

「Ad1」をクリックしたら、以下の設定を行います。

  1. 「Plain Text / HTML / JS」を選択
  2. アドセンスコードを貼り付け
  3. レイアウトを中央揃え
WP QUADS 設定 方法 使い方

「Margin」の部分は変更しないで、そのままで大丈夫です。

補足情報
アドセンスコードを貼り付ける際、一緒に「スポンサードリンク」の文字も表示できるようにしておくと管理が簡単になります。

よくわからない場合は、以下の文章をコピペで使ってください。(アドセンスコードの部分は、あなたのアドセンスコードに修正してくださいね)

<p style=”text-align: center;”><span style=”color: #999999; font-size: 12pt;”>スポンサードリンク</span></p>

==========ここにアドセンスコード==========

設定が終わったら、「変更を保存」をクリックして設定を保存しましょう。同様の手順で「Ad2,Ad3・・・」と必要な分だけ追加しておいてください。

WP QUADS 設定 方法 使い方

以上で、アドセンスコードの登録が完了です。

広告を記事下に自動で表示

記事下の広告はクリック率が高いので、ここに広告を設置することをおすすめしています。

便利なことに、WP QUADSでは「記事下に広告を自動で表示する機能」がありますので、こちらを利用しましょう。

WordPressの管理画面(ダッシュボード)から、「WP QUADS」→「Ad Settings」の順にクリックしてWP QUADSの設定画面を表示させます。

WP QUADS 設定 方法 使い方

WP QUADSの設定画面を表示させたら、「General & Position」をクリックし、表示された画面で「End of Post」にチェックを入れます。

WP QUADS 設定 方法 使い方

「End of Post」にチェックを入れたら、「矢印ボタン」を押し「Ad1,Ad2,・・・Ad10」の一覧の中から、記事下に表示させたいものを選択します。

WP QUADS 設定 方法 使い方

設定が終わったら、「変更を保存」をクリックして設定を保存しましょう。以上で、記事下に広告を自動で表示させる設定が完了です。

WP QUADS 設定 方法 使い方

ちなみに、この設定を行うと以下の図のように広告が表示されます。リンクやSNSボタンから適切な距離があるため「誤クリックの誘発」等のアドセンス規約違反になることもありません。

WP QUADS 設定 方法 使い方

ショートコードの使い方

さて、最後にショートコードの使い方をお伝えします。

WP QUADSにアドセンスコードが登録されていると、記事の編集ページ(テキストエディタ)に「Ad1,Ad2・・・」など、登録した広告のボタンが追加されています。

例えば、この記事では「Ad1」にアドセンスコードを登録したので、テキストエディタに「Ad1」ボタンが追加されています。

あとは、本文中の広告を表示させたい部分にカーソルを合わせ、「Ad1,Ad2・・・」ボタンをクリックすると本文中にショートコードが記述されます。

WP QUADS 設定 方法 使い方

記事を公開すると、ショートコードを記述した部分に広告が表示されます。

WP QUADS 設定 方法 使い方

以上で、ショートコードの使い方をマスターできました。

広告の設置位置やアドセンス規約について

アドセンス広告は設置位置により、クリック率がびっくりするほど変わります。そのため、設置位置を工夫するだけで、同じアクセス数でも収益が何倍も変わってきますので、以下の記事を参考に広告を設置しましょう。

利益を倍増させるクリック率の高い広告の配置を図解【トレンドアフィリエイト向け】

2016.12.03

また、アドセンス規約違反をしてしまうと広告が表示されなくなってしまい、収益が0となり元も子もありません。

規約違反には注意しましょうね。

トレンドアフィリエイトにおけるNGワードとは?アドセンス違反を未然に防ぐ

2016.10.10
WP QUADS 設定 方法 使い方

あなたのシェアが僕の笑顔の源です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

きゃぷてん

アフィリエイトは副業でやってます。「まったり自由に生きる」がモットーなのでブログ名をliberty-life-blogにしました。 <趣味> 汚い居酒屋探し、フットサル、お散歩、筋トレ <特技> 足首を無限にポキポキ鳴らせます。