【nofollowタグ自動挿入プラグイン】WP Nofollow Postの設定と使い方

こんにちは、きゃぷてんです。

記事内に外部リンクを張り付ける場合、SEOを意識しているのであれば「rel=”nofollow”」を加えていると思います。

しかし、毎回毎回テキストエディタを開き「rel=”nofollow”」と入力するのは、非常に面倒な作業です。特にトレンドサイトのように外部リンクを多用するような運営スタイルである場合、チリも積もれば膨大な作業時間の浪費となってしまいます。

そんな時は、外部リンクに自動的に「rel=”nofollow”」を追加してくれるプラグインを導入して、作業を効率化させましょう。

rel=”nofollow”とは

Googleは、クローラーというロボットを使ってインターネット上に存在するたくさんの情報を集めています。

クローラーが情報を集める方法の1つとして、Webページ内のリンクを辿りながら様々なサイトを巡回しているのですが、外部リンクにrel=”nofollow”を設定することで「このリンク先はチェックしなくてよい」とクローラーに命令することができます。

ちなみに、rel=”nofollow”を使うべきタイミングとして、Googleは以下の様に答えています。

※一部抜粋

■ nofollow の使用に関する Google のポリシーと具体例

  • 信頼できないコンテンツ: サイトのリンク先のページのコンテンツを保証できない、あるいは保証したくない場合(リンク先が信頼性のないユーザー コメントやゲストブック エントリの場合など)は、このようなリンクを除外します。
  • 有料リンク: Google の検索結果のサイト ランキングでは、有料サイトにリンクするサイトについての分析結果も一部考慮されています。
  • クロールの優先順位: 検索エンジン ロボットは、メンバーとしてフォーラムにログインすることも登録することもできません。



参照元:Search Console ヘルプ

色々と条件が記載されていますが、基本的に、サイトを運営する際は何も考えずに「外部リンクはrel=”nofollow”」と、おまじないの様に使っていれば問題ありません。

ただ、本当に参考になったのでリンク先のページの上位表示に貢献したいという場合は、rel=”nofollow”を付けなくてもいいでしょう。

WP Nofollow Postを導入するメリット

WP Nofollow Postを導入するメリットを挙げると、以下のようになります。

  • 自動的に外部リンクへ「rel=”nofollow”」を追加できる
  • 特定のドメインには「rel=”nofollow”」を追加しないといった設定ができる

単純に全ての外部リンクに対して「rel=”nofollow”」を追加するのではなく、例外を設定できるのがこのプラグインの素晴らしい点です。

特定のサイトに対しては発リンク効果を残すことができますので、お世話になっっているサイトへのお礼であったり、自分が運営するサイトへのリンクなどに例外を使います。

WP Nofollow Postをインストール

プラグインのインストール方法については下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

検索ワードは「WP Nofollow Post」と入力してください。

WordPressにプラグインを追加する方法【超簡単に導入できるよ!】

2016.10.14

WP Nofollow Postの使い方

WP Nofollow Postインストールが完了したら、プラグインを「有効」にすれば、全ての外部リンクに「rel=”nofollow”」が追加されます。

例外の追加などのオプション設定を行わない場合はここで終了です。

オプション設定

一応、オプション機能についても以下に記載しておきますので参考にしてみてください。

オプション設定をする場合は、WordPressの管理画面(ダッシュボード)から、「設定」→「WP Nofollow Post」の順にクリックして、WP Nofollow Postの設定画面を表示させます。

WP Nofollow Post 設定 使い方

WP Nofollow Postの設定画面を表示させたら、各項目を設定し「Save Changes」ボタンをクリックすると、設定が反映されます。

  • WP Nofollow Post status:nofollowを適応するか(Enabled:有効,Disabled:無効)
  • Activate on:nofollowを適応する範囲(post:記事,page:固定ページ)
  • Exclude nofollow on these domains:nofollowを適応しないドメイン(http://は不要,カンマ区切り)
  • Nofollow rels that will be added:変更する必要はありません。
  • Dofollow rels that will be removed if found:変更する必要はありません。
  • Remove links on comments ?:コメントにnofollowを適応するか(Yes:有効,No:無効)

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です