WordPress Ping Optimizerの設定と使い方【最新ping送信先付き】

こんにちは、きゃぷてんです。

WordPress Ping Optimizerは、ブログの運営を始めたら必ず導入すべきプラグインのひとつです。

また、コピペで利用できる、最新のping送信先も合わせて記載しますので、WordPress Ping Optimizerを導入してみてくださいね。

ping送信とは

はじめに、ping送信について理解しましょう。

インターネットの世界には、世界中のサイトの更新情報を収集しているpingサーバーというものがあり、これらに自分のサイトの更新情報を送信することを「ping送信」と呼びます。

pingサーバーに自分のサイトの更新情報が登録されると、Googleのクローラーなどにサイトの更新が認識され、更新した内容がGoogle検索の結果に反映されるようになります。

ping送信を行うことにより、検索結果に更新情報を反映させることができるため、サイトのアクセスアップに繋がります。

そのため、WordPress Ping Optimizerを利用して、適切にping送信を管理していきましょう。

WordPress Ping Optimizerを導入するメリット

さて、ping送信についてご説明してきましたが、WordPressにもデフォルトでping送信機能が実装されています。

しかし、WordPressのping送信機能は、記事を更新・修正するたびに何度もpingが送信されてしまいます。

そうすると、あなたのサイトがGoogleから「何度もpingを送信してくる怪しいサイト(スパムサイト)」という評価を受けてしまう可能性がありますので、ping送信は、WordPress Ping Optimizerを利用するようにしましょう。

WordPress Ping Optimizerを利用すると、pingの送信は新しい記事を公開した時の1度だけになりますので、あなたのサイトが「スパムサイト」と評価されることを防ぐことができます。

自分のサイトがスパムサイトと評価されてしまうと、検索結果からあなたのサイトの記事が削除されてしまい、全くアクセスが集まらないサイトになってしまいますので、注意しましょう。

WordPress Ping Optimizerのインストール

プラグインのインストール方法については下の記事で紹介していますので、参考してみてください。

検索ワードは「WordPress Ping Optimizer」と入力してください。

WordPressにプラグインを追加する方法【超簡単に導入できるよ!】

2016.10.14

ping送信先の設定

WordPress Ping Optimizerのインストールが完了したら、ping送信先の設定を行いましょう。

WordPressの管理画面から「プラグイン」にカーソルを合わせ、「インストール済みプラグイン」をクリックします。

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

すると、インストール済みのプラグインの一覧が表示されますので、その中から、「WordPress Ping Optimizer」を探し、「Settings」をクリックします。

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

「Settings」をクリックすると、WordPress Ping Optimizerの設定画面が表示されます。

表示された設定画面のテキストボック部分に、下の「最新・ping送信先一覧」にまとめて記載されているping送信先一覧のURLをコピーアンドペーストで貼り付け、「Enable pinging(Pingを有効にする)」にチェックを入れます。

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

送信先の貼り付け、Enable pingingのチェックを終えたら、「Save Settings」をクリックすると、ping送信先の設定が完了します。

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方 dth=

 

最新・ping送信先一覧

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://ping.blo.gs/
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.blogranking.net/
http://ping.dendou.jp/
http://ping.fc2.com/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://pingoo.jp/ping/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://serenebach.net/rep.cgi
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://www.i-learn.jp/ping/
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://www.hypernavi.com/ping/
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.speenee.com/xmlrpc
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://xping.pubsub.com/ping/
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx

ping送信先のメンテナンス

以上で、WordPress Ping Optimizerの設定が完了しましたが、今回設定したping送信先がこの先ずっと有効とは限りません。

今後、いずれかのping送信先が使われなくなる場合もあります。その場合、pingの送信エラーが発生しますので、放置しておくと、あなたのサーバーの負荷が増えてしまうかもしれません。

そのため、定期的にping送信先をメンテナンスする必要があります。

WordPress Ping Optimizerの設定画面には、「Ping Log」という項目があり、過去の履歴が表示されています。

もし、pingの送信エラーが発生している場合は、該当する送信先の部分が赤字で表示されます。

WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

ただ、このエラーは一時的なものが多く、しばらくするとエラーがなくなることが多いので、しっかりと検証した上で、pingの送信先を最適化していきましょう。

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です