【関連記事をプラグインで無限に表示する】Related Postsの設定と使い方

こんにちは、きゃぷてんです。

訪問者の巡回率を向上させたい場合、記事下に関連記事を表示させるのが効果的です。

例えばトレンドサイトの場合、やってくる訪問者の特性として、ほとんどの場合がただの暇つぶしですので、記事下に関連記事を表示させておくことで「ついで読み」を誘発させることができます。

また、トレンドサイトは記事数が多くなる傾向がありますので、関連記事をうまく利用することにより、少ないアクセス数でも多くのPVを稼ぐことができます。

関連記事とは

ブログなどでよく使われている関連記事とは何かというと「今読まれている記事と同一カテゴリーの記事」のことです。例えば、この記事の下の方にも「WordPress」というカテゴリーの記事がいくつか表示されていますので確認してみてくださいね。

ではなぜ、関連記事を表示させるのかというと「ついで読み」を誘発するためです。この記事はWordPressのプラグインについて記載しているので、この記事を読む人の属性というのは、プラグインに興味があるor設定などに困っている人というのが予想できますよね。

その時に、記事の下に同じカテゴリーの記事(例えば、他のプラグインの記事)が表示されていれば、興味を持たれる可能性が高いのでPV数の増加に繋がります。

Related Postsを導入するメリット

Related Postsを導入するメリットを挙げると、以下のようになります。

  • 関連記事が簡単に作れる
  • 選択式で簡単にカスタマイズできる
  • PC用とモバイル用テーマが複数用意されている
  • 記事ごとに固定の関連記事を設定できる

関連記事を表示する場合、多くのプラグインでは同一カテゴリーからランダムに記事が表示されてしまいます。しかし、Related Postsであれば、記事ごとに表示させる関連記事を設定できるので「この記事には、あの記事の方が相性いいのにな〜」なんて悩みを持つことがありません。

そのため、効率的に訪問者を巡回させることができるので、少ないアクセス数でもSEO的に強いサイトへ育てることができます。

Related Postsをインストール

プラグインのインストール方法については下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

検索ワードは「Related Posts」と入力してください。

WordPressにプラグインを追加する方法【超簡単に導入できるよ!】

2016.10.14

Related Postsの使い方

Related Postsのインストールが完了したら、次の作業を行います。

  • Related Postsの設定
  • 表示位置を指定

設定と言っても選択式なので非常に簡単ですが、もし設定がよくわからない場合は、僕の設定を真似すれば、関連記事を導入することができます。

Related Postsの設定

WordPressの管理画面(ダッシュボード)から、「設定」→「Related Posts」の順にクリックして、Related Postsの設定画面を表示させます。

Related Postsの設定画面を表示させたら、下の画像を参考に設定を行いましょう。

Related Posts 設定 使い方 Related Posts 設定 使い方 Related Posts 設定 使い方

最後に、「Save changes」をクリックすると設定した内容が反映されます。

表示位置を指定

関連記事の自動作成にチェックを入れている場合、記事下に関連記事が作成されるのですが、レイアウトは考慮されません。(当たり前ですが、笑)

そのため、ソーシャルボタンよりも上に関連記事が表示されてしまったりするので、なるべく表示位置は指定するようにしましょう。

任意の場所に表示させるためには、「関連記事の自動作成」のチェックを外し、「<?php wp_related_posts()?>」を、関連記事を表示させたい場所へ記載しましょう。

テンプレートのSTINGER使っている場合、個別投稿 (single.php)で、デフォルトの関連記事の上に、「<?php wp_related_posts()?>」を追加すると収まりが良いのでオススメです。

Related Posts 設定 使い方

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です