Broken Link Checkerの設定と使い方【プラグインでリンク切れを一括チェック】

こんにちは、きゃぷてんです。

記事を作成する際に、様々なリンクを貼り付ける機会がありますが、記事数が増えてくるとリンク切れを管理するのが不可能になってきます。

リンク切れを放置したからといって、SEOで不都合があるわけではありませんが、訪問者への印象はあまりよくありません。

ユーザビリティ向上のためにも、プラグインでリンク切れを一括チェックしていきましょう。

リンク切れのチェックとは

そもそも、「リンク切れをチェックする」とは一体どうゆうことなのか?という部分から説明していきます。

様々なサイトを見ていると、「関連記事はこちら」や「詳細情報」などのようなリンクが貼り付けられているのを見たことがあると思います。

こちらをご覧ください」←こんな感じのやつです。(トップページに飛びます)

上のリンクのように移動先が、存在しているのであれば問題ありませんが、こちらのように移動先のページが存在しない場合があります。

他の方サイトをリンクで貼り付けたのであれば、今現在もその移動先が存在しているという保証はありません。

サイトの訪問者の目線で考えると、せっかくリンクをクリックしたのに「ページが見つかりませんでした!」なんて表示されたら、ちょっとイラっとしますよね。(笑)

そのため、サイトの訪問者のことを考えれば、自分の記事に貼り付けた移動先が今も存在しているのか適宜チェックしておく必要がありますが、記事数が増えるに連れてチェックする箇所が増えてきますので、リンク切れを管理することが難しくなってきます。

Broken Link Checkerを導入するメリット

Broken Link Checkerを導入するメリットを挙げると、以下の2つになります。

  • 全てのページのリック切れを一括管理できる
  • リンク切れに対する処理を1つ1つ変更できる

全てのページのリンク切れを一括管理できるだけで優れものなのですが、「リンクごとに処理を変更することができる」という機能が素晴らしいです。

リンクチェック系のプラグインの中では自由度の高いプラグインですので、僕も重宝しています。

Broken Link Checkerをインストール

プラグインのインストール方法については下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

検索ワードは「Broken Link Checker」と入力してください。

WordPressにプラグインを追加する方法【超簡単に導入できるよ!】

2016.10.14

Broken Link Checkerの使い方

Broken Link Checkerをインストールしたら、プラグインを「有効」にすれば、特にやることはありません。

デフォルトの設定で、リンクエラーとなっている部分は、リンクを残したまま「取り消し線」が引かれます。(下図参照)

 

Broken Link Checker 設定 使い方

 

個別にリンクエラー時の処理を変更する場合は、WordPressの管理画面(ダッシュボード)から、「ツール」→「リンクエラー」の順にクリックして、Broken Link Checkerの設定画面を表示させます。

 

Broken Link Checker 設定 使い方

 

すると、あなたのサイトのリンクエラーの一覧が表示されます。その中から設定を行いたいリンクにカーソルを合わせると、以下の5つの項目が表示されますので、任意の処理を選択してください。

  • URLを編集
  • リンク解除
  • リンクエラーでない
  • 無視
  • 再確認

 

Broken Link Checker 設定 使い方

リンクエラー時の表現方法をカスタマイズ

デフォルト設定の「取り消し線」が嫌な場合は、WordPressの管理画面(ダッシュボード)から、「設定」→「リンクチェッカー」の順にクリックすると、Broken Link Checker のオプションが表示されますので、お好みのCSSを設定しましょう。

Broken Link Checker 設定 使い方

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です