WordPressのテキストモードにタグを追加するAddQuicktagの設定方法と使い方【記事作成を効率化しよう】

AddQuicktag 設定方法 使い方

こんにちは、きゃぷてんです。

WordPressで記事を作成する場合「ビジュアルモード」と「テキストモード」がありますよね。

ビジュアルモードでは、HTMLの知識がなくても、直感的な操作で文字装飾が行えるので非常に便利なのですが、ちょっと凝ったことをしようとした場合、おのずと「テキストモード(HTMlの知識が必要な方)」を使うことになると思います。

ただ、デフォルトのテキストモードでは、用意されているタグが少ないので、いちいち自分でタグを書くのは面倒です。そこで「自分でカスタマイズできる一発入力ボタン」を追加できないかな、と考えていた時に出会ったのが、AddQuicktagというプラグインです。

非常に便利なプラグインなので、ぜひ導入を検討してみてください。

AddQuicktagを導入するメリット

AddQuicktagを導入するメリットは以下になります。

  • テキストモードにタグ(一発入力ボタン)を追加できる
  • 追加するタグをカスタマイズできる

あらかじめ用意されているタグを追加するようなプラグインは、探すと結構あります。そのため、追加するタグを自由に設定できるカスタマイズ性の高さが、AddQuicktagの優位な点ですね。

例えば僕の場合、文字装飾で「赤文字」と「太文字」を同時に使うことが多いので、これまでは「赤文字ボタン」と「太文字ボタン」の2種類を使う必要がありました。そこで、AddQuicktagで「赤太文字ボタン」を作成したところ、作業効率が向上し記事作成がはかどっています。

このように、自分が良く使うタグを自由に編集し追加できるのはとてもありがたいです。

AddQuicktagをインストール

プラグインのインストール方法については下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

WordPressにプラグインを追加する方法【超簡単に導入できるよ!】

2016.10.14

なお、検索ワードは「AddQuicktag」と入力し、これを目印にしてくださいね。

AddQuicktag 設定方法 使い方

インストールが完了したら「有効化」をクリックしてAddQuicktagの設定を行いましょう。

AddQuicktagの設定と使い方

AddQuicktagを有効化したら、管理画面から「設定」→「AddQuicktag」の順に操作し、設定画面を表示させましょう。

AddQuicktag 設定方法 使い方

設定画面を表示させたら、以下の要領で任意のタグを設定していきます。

  • ボタン名:追加するタグの名前を入力(自分が分かればなんでもOKです)
  • ダッシュアイコン:アイコンが選べるので好きなものを選択(なんでもOKです)
  • ラベル名:追加するタグのラベルを入力(自分が分かればなんでもOKです)
  • 開始タグ:タグの開始部分
  • 終了タグ:タグの終了部分
  • アクセスキー:空欄でOk
  • 順番:0
  • チェック:追加したタグを表示させる場所にチェックを入れる(とりあえず全部でOK)
補足説明

HTMLの知識が少ない場合「開始タグ」と「終了タグ」の部分で、何を入力すればいいかわからなくなると思いますが、一度覚えてしまえば簡単です。

例えば、太文字の文章を作成する場合、<strong>太文字</strong>のように記載しているのですが「<strong>」こっちが開始タグで「</strong>」こっちが終了タグになるので覚えておいてくださいね。

基本的にタグは、対象となる部分を挟んであげるように記述します。

また、テンプレートに実装されているショートコードも、AddQuicktagでボタン化できるので、良く使うショートコードも、追加してしまいましょう。

例外:

稀に終了タグが無いものがありますが、その場合は「開始タグ」にのみ記述し「終了タグ」の部分は空欄にしておけば大丈夫です。

下図では、例として「太文字」のタグを登録しています。

AddQuicktag 設定方法 使い方

入力やチェックを終えたら「変更を保存」をクリックして、設定内容を保存しましょう。

AddQuicktag 設定方法 使い方

以上で、AddQuicktagの設定が完了です。

設定終了後、投稿画面の「テキストモード」を開くと、先ほど登録したタグの一発入力ボタンが追加されているので、確認しておいてください。

AddQuicktag 設定方法 使い方

追加したタグを非表示にする

タグを追加してみたけれど、あまり使わないので非表示にしたいという場合は、前述した「チェック」の部分を全て外し、変更内容を保存すると、タグが非表示になります。

AddQuicktag 設定方法 使い方

インポート

お使いのテンプレートによっては、公式サイトでタグ(またはショートコード)が登録された、設定ファイルが配布されていることがあります。例えば、このブログで使っている「ハミングバード」というテンプレートも設定ファイルが配布されていました。

そのような設定ファイル(.json)を取得できるのであれば、それを活用しましょう。

インポートの操作はとても簡単で「ファイルを選択」のボタンを押して、対象の設定ファイルと選択し「ファイルのアップロード・インポート」をクリックすればOKです。

AddQuicktag 設定方法 使い方

最後に

以上が、AddQuicktagの設定方法や使い方でした。

ちょっとした時間の短縮かもしれませんが、地理も積もれば山となるという言葉があるように、長い時間で考えれば、削減時間は馬鹿にできません。

特に、僕のように副業でアフィリエイトに挑戦されているのであれば、時間管理には敏感になる必要があるので、作業効率化のためにも、ぜひ、AddQuicktagを使いこなしてくださいね。

AddQuicktag 設定方法 使い方

あなたのシェアが僕の笑顔の源です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

きゃぷてん

アフィリエイトは副業でやってます。「まったり自由に生きる」がモットーなのでブログ名をliberty-life-blogにしました。 <趣味> 汚い居酒屋探し、フットサル、お散歩、筋トレ <特技> 足首を無限にポキポキ鳴らせます。