トレンドアフィリエイトで簡単に文字数を稼ぐ深堀戦略とは?

こんにちは、きゃぷてんです。

トレンドアフィリエイトを実践するのであれば、「最低でも2000文字以上の文章が必要!」と僕はいつも言っているのですが、実際のところ2000文字の文章を書くというのはかなり苦痛です。

僕の場合、今となっては書きたいことが多いので、いろいろと割愛して2000文字前後にまとめることが多いのですが、トレンドアフィリエイトを始めた当初は、ヒーヒー言いながら文章を書いていました。(笑)

たくさん記事を更新して試行錯誤をしていくうちに、簡単に文章量を稼ぐことができる「深堀戦略」というノウハウを構築したので今回はそのノウハウを紹介したいと思います。

深堀戦略とは? (動画)

深堀戦略を説明すると

僕が提唱している深堀戦略では、やることが大きく分けて2つです。

雛形の作成

1つ目は「雛形の作成」です。

この雛形とは、トレンド記事を作成する際に利用する文章構成の雛形のことです。僕たちのような副業アフィリエイターの場合、記事作成に使える時間というのは限られています。そのため、「より少ない労力で」「より少ない時間で」「より大きな結果を出す」ということを意識していかなければなりません。

そこで、雛形を作成しておくことにより、あとはキーワードと内容を埋め込んでいくだけで簡単に文章が作成できてしまうような環境を始めに作っておきます。

もちろん、この時に作る雛形というのは、文章量が稼ぎやすいような構成にしておきます。

読み手の知識レベルの仮定

2つ目は「読み手の知識レベルの仮定」です。

言い方が悪かもしてませんが、読み手(あなたの記事を読みに来た人)の知識量が低ければ低い程、それに伴ってあなたが説明しなければならない内容というものが増えていきます。

あなたが当たり前だと思っているような内容であっても、読み手にとっては未知の領域の話であるというのはよくあることです。

トレンドブログにやってくる人を想像してもらえば分かるかと思いますが、とある事象が話題になっていること自体は知っているのですが、内容は詳しく分からないから、もっと深く知るためにわざわざキーワードを入力して情報を得ようとしているわけです。

そのような検索者の需要に応えるためにも、何も分からない相手でも理解できるように「濃い記事」ですとか「長文」が必要になります。

しかしながら、ただ闇雲に「何も分からない人」という仮定を立ててしまうと、「どこから説明すれば良いのか分からない」というような状態に陥ってしまい作業の手が止まってしまいます。

では、どうするか。

それは、「何が分からないのか」、「どこまで知っているのか」という視点で読み手のレベル感を仮定します。

これさえできれば、あとはトレンドを記事を作成するときに、「○○ということがあった(事実の説明)」→「なぜかというと××だからだ(深堀1)」→「その理由は△△であり(深堀2)」→「その背景には□□がある(深堀3)」→・・・のように、仮定した読み手の知識レベルに合わせて深堀をしていきます。

読み手の知識レベルを低く設定すればするほど、あなたの文章の濃さが問われてきますが、他のトレンドアフィリエイトサイトを圧倒することができますし、濃い記事というのは、滞在時間の増加につながり、Googleからの評価が向上し、上位表示につながっていきます。

ケーススタディ

最後に、僕が使っている雛形や読み手の知識レベルの仮定について説明していきます。

まず、読み手の知識レベルの仮定ですが、これは「名前(名称、単語)は知っている」や「テレビで見た(聞いた)ことあるけどよく分からない」というレベルまで下げています。

その理由としては、上述した通り読み手の知識レベルが低ければ低いほど、説明しなければならないことが増えていきますので、文章量が稼げますし、その方が記事を書く際に情報の取捨選択をしなくていいからです。(文章を考える時間を少しでも減らしたいので)

次に、文章構成の雛形ですが、こちらの記事にも書いた通り、「リード文」「見出し」「本文」を使っています。ここで、1つ工夫しているのは、タイトルをつける際に、メインとなるキーワードの他に3〜4つのサブキーワードを利用してタイトルをつけます。そして、サブキーワードの数だけ、「見出し」を作成して、本文中で詳しく説明していきます。

その理由ですが、第1に検索者に有益な情報を提供するためにも、タイトルに使ったキーワードは責任を持って説明をするということ。次に、文章の骨組みを先に作ることで作業の負荷を軽減させることです。

僕が、記事を作成する際は、常に有益な情報の提供と作業の効率化を並行して考えていますので参考にしてみてください。

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です