トレンド記事作成に必要なスマホアプリまとめ

こんにちは、きゃぷてんです。

トレンドアフィリエイトは副業で実践される方が多く、誰にでもできる簡単なノウハウとしてとても人気なのですが「思うように作業が進まない」「リサーチに時間がかかってしまう」などといった悩みを抱えている方も多いですね。

そんなときに、僕が提案する作業効率を向上させる方法というのがスマホアプリの利用です。

アプリを使い通勤時間や休憩時間などの隙間時間にちょこちょこ作業を進めておく事により、日々の作業が効率化されより多くの記事を作成できるようになります。

その結果、より短い期間で成果を出せるようになるので、もし、あなたがトレンド記事の作成が思うように進んでいないのであれば、今回の記事を参考にしてみてください。

Adsense

まずは、絶対に入れておくべきなのが、Googleアドセンスのアプリです。

このアプリでは、リアルタイムで発生している収益であったり、PV数、クリック数、クリック単価の確認がアプリを開くだけでできてしまいます。

また、指定した期間での収益の集計や比較といった作業も行えるので、わざわざアドセンスのトップページを開いて・・・・なんて作業は面倒なので、僕もこのアプリを愛用しています。

Adsense(リンク)

Google AdSense
Google AdSense
Google AdSense
Google AdSense
Developer: Google Inc.
Price: Free

WordPress

WordPressのアプリを入れておく理由は、隙間時間で記事作成をできるようにするためですね。

スマホでの入力は少々やりにくいのですが、タイトルを決めておいたり、文章の大枠を作成したり(h2,h3などの見出しを作成)するだけでも、いざPCで作業をするときにスラスラと作業を進めることができますので非常に作業効率が向上します。

WordPress(リンク)

WordPress
WordPress
Price: Free
WordPress
WordPress
Developer: Automattic, Inc
Price: Free

ニュースアプリ

情報収集で役立つのがニュースアプリです。

今どのようなことが話題になっているのかをサクッと確認できるので非常に便利です。また、今後どのようなことが話題となるのかを予測し、先回りして記事を作成するためにもニュースアプリは必ず入れておきたいアプリです。

ただ、ニュースアプリにも様々なものがありますので、「見やすい」「定番」「記事がマニアックすぎない」などを参考にアプリを選ぶといいですね。ちなみに僕はSmart Newsを利用しています。

Smart News(リンク)

まとめ系サイト

アプリではありませんが、まとめ系サイトを確認しておくとキーワード選定が楽になります。

2chまとめ、NAVER、その他まとめ系サイトの主な読者層は、10代後半から20代の若者層と言われています。そのため、まとめ系サイトで話題となっている人物や商品、単語やスポットをあなたのブログで扱うと若者の関心を集めやすくなります。

扱うジャンルにもよりますが、トレンドサイトも主に10代後半から20代の若者層をターゲットに記事を作成することが多いため、まとめ系サイトを確認することはキーワード選定に役立ちますね。

ただ、まとめ系サイトはSEOがしっかりと施されているため、間違っても同じタイトルや文章構成で勝負をしないでくださいね。十中八九勝てませんので(笑)

トレンドアフィリエイトで初心者が稼ぐために必要なことは?

2016.09.23

テレビ欄系アプリ

トレンドアフィリエイトでもっとも簡単にアクセスを集める方法は、テレビで扱われたもの(理想は扱われる前のもの)を記事にすることです。

なぜかと言うと、テレビで扱われたもの(人物、商品、スポット、などなど)というのは、放送直後に急激に検索数が増えるからですね。

そのため、テレビ欄系のアプリを入れておくことにより、今後どのようの放送予定があるのか、そこで何が扱われるのか、誰が出演するのか、といった情報をいち早く取得することができます。すると、トレンドアフィリエイトでは非常に有利に記事を作成することができるのでテレビ欄系アプリが役に立ちます。

ちなみに僕はテレBingを利用しています。

テレBing(リンク)

テレBing 番組表
テレBing 番組表

Twitter

最先端の話題はTwitterの中にあるといっても過言ではないですね。

と言うのも世の中で何かが話題になる際、Twitter→2ch→まとめ系サイト→テレビ→トレンドブログ・・・といった流れで情報が拡散されていくことが多いので、Twitterを押さえておくと、先駆者利益として、一番最初に記事を作成できるのでアクセスを総取りすることも可能です。(僕も1日で数十万PV、リアルタイムで数千PVくらいの経験があります)

ただ、1日中Twitterに張り付いていて収穫ゼロと言うことも少なくないので、ついっぷる等のサービスを利用して、ある程度サマリーされた情報を狙った方が情報収集の効率は良いですね。

Twitter(リンク)

Twitter
Twitter
Price: Free
Twitter
Twitter
Developer: Twitter, Inc.
Price: Free

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です