Googleへのインデックスが遅い時の対策は【Fetch as Google】で決まり

こんにちは、きゃぷてんです。

記事更新を毎日コツコツ続けていけば、1ヶ月後にはそれなりの速度(数分レベル)でGoogleにインデックスされるようになります。

しかし、立ち上げたばかりのサイトの場合「1週間経ってもインデックスされない」なんてこともあり得るため、トレンド系のネタを扱っている場合、せっかく書いた記事がインデックスされることには賞味期限切れになってしまうなんてこともあります。

そんな時は「Fetch as Google」を使ってクロールをリクエストするのが効果的な対策となりますので、インデックス速度が遅い場合は試してみて下さいね。

Fetch as Google とは

Fetch as Google とは、Google Search Consoleで利用できる機能群の名称です。

Fetch as Google で実施できるものは、大きく分けると以下の2つになります。

  • クロールのリクエスト
  • レンダリングを用いたエラーチェック

クロールのリクエストとは

「クロールのリクエスト」を実施した場合、GoogleのクローラーであるGooglebotに対して、指定したURLへのクローリングを要求することができます。

検索エンジンにインデックスされるためには、兎にも角にもクローラーに更新したという情報知らせなければなりません。

検索エンジンは、クローラーが集めた情報を元にインデックを作成しますので「インデックスが遅い = サイトにクローラーなかなか来ない」ということができます。

そこで、クローリングを要求することにより、インデックス速度の遅さを補うことができるので、なかなかインデックスされない時の対策として有効となるわけです。

レンダリングを用いたエラーチェックとは

Fetch as Google というと「インデックスをリクエストする機能」と解釈している方が多いのですが、実は「レンダリングを用いたエラーチェック」という機能も実装されています。

この機能を利用することにより「Googlebotが取得したCSSやJavascriptなどの外部リソースを含むページ情報」をプレビュー画面で確認する事が出来ます。

つまり、記事の更新情報が意図したようにGoogleに解釈されているのかを確認するためのデバッグ機能として利用するものです。

Fetch as Google の使い方

それでは、Fetch as Google の使い方について説明していきます。

Fetch as Google は Google Search Console の一部ですので、Fetch as Google を利用するためには事前に Google Search Console への登録が完了している必要があります。

Google Search Console への登録が完了していない場合は、下の記事を参考にして登録を済ませておいて下さいね。

Webマスターツール(サーチコンソール)の使い方や設定方法

2016.05.22

Fetch as Google では以下の2つの機能が実装されていますので、それぞれ記載しますね。

  • クロールのリクエスト
  • レンダリングを用いたエラーチェック

クロールのリクエスト

Google Search Console の管理画面にアクセスしたら、該当するドメインを指定します。

ドメインを指定したら、下の図のような画面が表示されるので「クロール」→「Fetch as Google」の順にクリックします。

Fetch as Google 使い方

すると、Fetch as Google の操作画面が表示されます。

Fetch as Google 使い方

Fetch as Google の操作画面が表示されたら以下の操作を行うと、Googlebotに対してクローリングをリクエストすることができます。

  1. 対象とするデバイスを指定
  2. 対象とする URL を指定
  3. インデックスに送信

 

【対象とするデバイスを指定】

Fetch as Google 使い方

これは、クローラからのサイトの見え方を確認するものです。スマートフォン対応サイトの場合は「モバイル:スマートフォン」を選択しておきましょう。

 

【対象とする URL を指定】

Fetch as Google 使い方

ここでは、クローリングしてもらいたいURLを指定します。空欄の場合、サイト全体のクローリングをリクエストすることができますが、インデックスして欲しい記事を確実にインデックスさせるために、URLを指定するようにしましょう。

「取得」をクリックすると、指定したページのステータスが表示されます。

Fetch as Google 使い方

 

【インデックスに送信】

ステータスが「完了」、「一部」または「リダイレクトされました」となったら「インデックス登録にリクエスト」をクリックします。

Fetch as Google 使い方

すると、下図のような確認画面が表示されます。

Fetch as Google 使い方

この確認画面では、リクエストするクローリング方法を選択することができます。

  • この URL のクロールする:月500回まで
  • この URL と直接リンクをクロールする:月10回まで

送信方法を選択し、「送信」をクリックすると、クローリングのリクエストが送信された旨が表示されます。

Fetch as Google 使い方

以上で、クローリングのリクエストが完了です。

その日のうちにインデックスされる場合もありますが、数日後にインデックスされる場合もありますので、ここから先はGoogle様の匙加減になります。(汗)

レンダリングを用いたエラーチェック

次に、レンダリングを用いたエラーチェックの方法について説明します。

Fetce as Google の管理画面を開いたら、テキストボックスにレンダリングを行いたいページのURLを指定して「取得してレンダリング」をクリックします。なお、この記事ではデバイスにPCを選択していますが、サイトの性質に合わせてスマートフォンを選択してください。

トップページを調べる場合は、URLは空白でOKです。

Fetch as Google 使い方

レンダリングが完了したら、リストに結果が表示されます。

Fetch as Google 使い方

詳細情報を確認する場合は、先ほど追加されたリストの行をクリックしてください。

Fetch as Google 使い方

もし、ページ内に不具合があった場合には詳細ページにエラー内容が表示されるので、修正の参考にしてください。

以上でレンダリングを用いたエラーチェックが完了しました。

小手先のテクニックよりも・・・

さてさて、インデックス速度が遅い時の対策を記載してきましたが、今回ご紹介した方法は、応急処置のようなものですので、結局のところ、インデックス速度を向上させるために重要なことは「日々の記事更新」です。

週1回、適当に書いた記事を更新する程度であれば、いつまでたってもインデックス速度が向上しません。Googleが求めているものは「検索ユーザのためになる情報」や「新しい情報」です。

小手先のテクニックも時には重要ですが、毎日の努力が続けられないようではサイトの成長は期待できませんので、歯を食いしばってでも記事更新を続けていきましょう。

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です