ブログの見出しタグはh1 h2 h3 のどれを使うべきか? 重要性や順序について

こんには、きゃぷてんです。

ブログの運営を始めたばかりの頃は、h1 h2 h3 などの見出しタグの使い方がよくわからず、デザインが好きだからという理由でどの見出しタグを使うかを選びがちです。

しかし、見出しタグには使い方や順序が決められていますので、上位表示を目指すのであればしっかりとルールを学んでおきましょう。

見出しタグとは

はじめに、見出しタグとは何か?から説明していきます。

見出しタグ(hタグ)は、HTMLのタグの一種で、ページ内の見出しを定義するときに利用します。ちなみに、h は heading の略です。

見出しタグには、h1,h2,h3,・・・h6 までの6種類が用意されていて、番号が若いほど階層が上位の見出しとなります。

ブログ 見出しタグ

この階層を正しく整理しておくと、検索エンジンはあなたのサイトを認識しやすくなります。

「検索エンジンに認識されやすい = 上位表示されやすい」と言い換えることができますので、検索エンジンに優しい記事作りを心がけましょう。

見出しタグとSEOの関係

人間であればwebページを見れば、作者の意図を読み取り文章がどのような構造で組み立てられているのかを理解できます。

しかし、検索エンジンはページ内にどのような文字が使われているのかは認識できますが、文字だけでは、作者の意図であったり文章の構造を読み取ることができません。あくまでもロボットであり感情はありませんので、書いてあることをそのまま読み取るだけということですね。

そんな、人の気持ちが理解できないロボット(検索エンジン)のために、見出しタグを利用して文章の論理構造をロボットにも理解できるようにしています。

検索エンジンが文章の論理構造を理解できるようになることにより、記事の主張であったり重要な情報というものを理解できるようになりますので、検索エンジンが表示する検索結果が人間が求める検索結果に近づいてきます。

そのため、僕たちが上位表示のためにやるべきことというのは、兎にも角にも検索エンジンが理解できるような文章構造を作ること、すなわち、正しく見出しタグを利用することです。

自分の文章を検索エンジンに正しく理解してもらわなければ、何も始まりません。

見出しタグの使い方・順序・注意点

見出しタグの使い方は、本をイメージするとわかりやすいです。

本は、「章・節・項・目」のような構成で文章が階層的に組み立てられています。見出しタグも同様に、階層が上位の見出しタグから順番に利用するれば問題ありません。

ただし、注意点が1つあります。

階層が上位の見出しタグから順番に利用すると説明しましたが、記事内ではじめに利用する見出しタグ(本の章にあたるもの)は h1 ではなく「h2 または h3」です。

この理由は、Wordpressのテンプレートや、ごく一般的なブログであれば、記事のタイトルに「h1 または h2」が利用されているからです。

そのため、記事内で使う見出しタグを決める前に、まずはあなたの記事のタイトルが「h1 なのか h2 なのか」を調べておきましょう。

図書館をイメージしてください。

あなたのブログは図書館です。その中には記事という名のたくさんの本が貯蔵されていてます。(検索エンジンもそのように認識します)

本のタイトルというのは、この本は何について書かれている本なのかを示すとても重要な項目です。そのため検索エンジンにも理解できるように「h1 または h2」といった上位の見出しタグを使ってわかりやすくしています。

しかし、記事内にも同じ階層の見出しタグが利用されていたら、検索エンジンには何がタイトルで、何が本文で、何が重要な情報なのかがわかり難くなってしまいます。

本の中に本があるような、よくわからない状態になってしまいますので、まったく整理されていないぐちゃぐちゃな図書館となってしまいます。

(本を開いたら本が出てくるという状態を考えると、ファンタジーな気分になりますね、笑)

具体的な順序・正しい使い方

それでは、見出しタグの具体的な使い方を説明します。ここでは、記事のタイトルには「h1」が利用されていると仮定します。

全体的なルールとしては、「h2→h3→h4→h5→h6」のように番号が若い順に見出しタグを利用していきますが、「h2→h4→h5→h6」や「h2→h5→h4→h6→h3」のような、数字飛ばしや、めちゃくちゃな順序では利用しません。

同じ階層のものを複数使う場合は、「h2→h3→h4→h2→h3→h4」であったり「h2→h3→h4→h3→h4」のように、階層化を意識して見出しタグを利用しましょう。

ブログ 見出しタグ

実際にHTMLで記載すると以下のようになります。

<h2>大見出し(h2の見出し)</h2>

テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

<h3>中見出し(h3の見出し)</h3>

テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

<h3>中見出し(h3の見出し)</h3>

テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

<h2>大見出し(h2の見出し)</h2>

テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

このように、文章を階層化させるために、見出しタグをうまく利用しましょう。

WordPressビジュアルエディターを利用している場合

WordPress のビジュアルエディターには「見出し1、見出し2・・・」のように記載されています。hタグとは以下のように対応していますので間違えずに利用してくださいね。

  • 見出し1 = h1
  • 見出し2 = h2
  • 見出し3 = h3
  • 見出し4 = h4
  • 見出し5 = h5
  • 見出し6 = h6
ブログ 見出しタグ

Googleスパム対策チームリーダー Matt Cutts 氏の意見

さてさて、ブログを運営していて上位表示を目指しているのであれば、彼の話には常に注目しておきましょう。

Googleスパム対策チームリーダー Matt Cutts(マットカッツ)氏がYoutubeに公開しているQ&Aに、「h1タグがh2の後に出現してしまっているが問題ないか?」という質問がありました。

Matt Cutts(マットカッツ)氏は、「hタグの順番を気にする必要はない」と解答しています。たしかに、さまざまなキーワードで検索していると、hタグの使い方がめちゃくちゃなサイトも上位に表示されている場合があるので、hタグの順番を間違ったからといって、検索結果から飛ばされることはなさそうです。

しかし、Matt Cutts(マットカッツ)氏の言葉を鵜呑みにして、「好き勝手やっていい」という判断をするのはよくありません。

Googleが上位表示させる条件に掲げていものに、「検索ユーザーのためになる情報」というものがあります。hタグが整理されているサイトと整理されていないサイトでは、どちらの方が読みやすいかというと、当然、hタグが整理されているサイトですよね。

検索ユーザーのためになる情報を届けるためにも、hタグを整理して、より分かりやすいサイトを構築していきましょう。

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です