ブログで長文を書くためのコツはたった1つ

こんにちは、きゃぷてんです。

ブログを始めたのはいいけれども、文章を書くのが苦手で、なかなか長文を書くことができないと悩んでいる人は結構います。(僕も以前はそうでした、笑)

記事を長文にすることができれば、情報量の増加、滞在時間の増加など、良いSEOにも繋がりますので、もし、あなたが長文が書けずに悩んでいるのならば、ぜひ、僕の記事を参考にしてみてください。

ブログで長文を書くためのコツはたった1つ(動画)

ブログにおける長文の必要性

漠然と、文章は長い方が良いんだろうな、というのは誰もが思うことです。

そのため、長文を書くコツをあなたのように調べるわけですが、その前に長文の必要性を理解する必要があります。

長い文章の書き方を知ったとしても、それがなぜ必要なのかを理解しなければ、目的もなく永遠に続ける作業と一緒であり、あなたにとって苦痛となってしまいます。(僕は、文章の書き方から学びましたので凄い苦痛でした、笑)

はじめに、記事を書く理由から考えてみます。

記事には、自分の主張や考え(トレンドサイトであれば、自分が調べた内容、持っている情報など)を書いていますよね。しかし、主張というのは、受け取る相手がいなければ、この世に存在していないのと同じです。

そのため、自分が書いた記事は、たくさんの人に読んでもらう必要がある、ということが分かると思います。

では、たくさんの人に記事を読んでもらうためには、どうしたら良いかを考えると、手っ取り早いのが検索で上位に表示させることです。

統計的に、検索結果の2ページ目以降はほとんど読まれていないという結果がありますので、自分の記事を読んでもらうためには、狙ったキーワードで1ページ目を狙う必要があるわけです。

それでは、自分のブログの記事を上位に表示させるために、どうすれば良いか、を考えるためにGoogleの主張を見てみましょう。

Googleが昔から一貫して主張している内容として「サイトを上位に表示させたければ、検索ユーザーに有益な情報を与えること」というものがあります。この「検索ユーザーにとって有益な情報」という、もっともらしいけど、曖昧な部分が、多くのブログ運営者を悩ませてきました。

そこで、SEOの専門家の方達が様々な実験を経て出した1つの答えが、情報量の多さ、すなわち、濃い文章というものです。

ブログの記事というのは、あるキーワード(言いたいこと)に沿って文章が書かれています。この記事であれば、「長文を書くコツ」がキーワードになりますので、「長文を書くコツは◯◯です」と一言書けばキーワードの説明が終わり、ペラッペラな薄い文章が出来上がります。(笑)

しかし、この章のように「ブログにおける長文の必要性」を書いているのは、長文を書くコツを学ぶ前に長文の必要性を学ぶ必要がある、という僕の主張とともに、あなたのような検索者に良い情報を届けたいという想い、すなわち、濃い文章を書くため、というわけです。

濃い文章を書こうとすると、様々な説明や解説が必要になりますので、短い文章では伝えきれないため、長文が必要になってきます。

ここまでの内容をまとめると、「自分の書いた記事は、たくさんの人に読んでもらう必要がある」→「たくさんの人に読んでもらうためには、検索で1ページ目を目指す必要がある」→「検索で1ページ目を目指すためには、濃い文章を書く必要がある」→「濃い文章を書くためには、長文が必要になる」という流れになっています。

この流れをかっ飛ばして、「ブログの記事は長文がいいですよ」という人もいますが、この記事を読んでくださっているあなたは、ぜひ、ブログにおける長文の必要性を理解しておいてくださいね。

長文を書くためのコツ

それでは、本題の長文を書くためのコツをお伝えしたいと思います。

そのコツとは、いきなり文章を書き始めないことです。

長文が書けない、と悩む方に多い特徴として、「キーワードを決めたらすぐに文章を書き始めてしまう」というのがあります。これをやってしまうと、極端な話、先ほどお伝えしたような「〇〇するには××です」に近い文章になりやすいです。

そうなってしまうと、「書くことがない」→「長文が書けない」と陥りやすいので、いきなり文章を書き始めるのはやめましょう。

では、何をするのかと言うと、始めに目次を作ります。

目次を作るためには、文章の全体像をイメージする必要がありますよね。そうすると、目先のキーワードだけにとらわれず、文章の流れが見えてきて、必要な情報(記事の中に書かなければならない内容)を整理することができます。

また、目次を作ることにより、文章の迷子も防ぐことができます。

長文を書くことだけに集中すると、あれもこれも文章にしてしまい、自分が決めたキーワードと書いた文章の着地点がずれてしまうことが多々あり、これを僕は文章の迷子と呼んでいます。

僕も、迷子になりやすいタイプですので、目次をしっかり作ってから文章を書いています。(笑)

ですので、長文が書けないと悩んでいる、または文章が迷子になりやすいのであれば、目次を作ることをお勧めします。

一般的な記事の文章構成

最後に、一般的な記事の文章構成をお伝えします。

この文章構成は、様々なブログの多くの記事で使われているものですので、ぜひ、参考にしてみてください。型さえ覚えてしまえば、内容を変えるだけで文章を書けるようになりますので、作業効率も向上していきます。

文章構成

リード文

記事全体の概要や要約を書いていきます。いわゆる「つかみ」というやつです。これがあることにより、読み手は何が書いてある文章なのかを理解してから本文を読むことができますので、分かりやすい文章にすることができます。

見出し

小説でいう「章」に当たるのが「見出し」です。ある程度の単位で文章をまとめるため、「見出し」を作ることも分かりやすい文章にすることにつながります。

本文

これは、そのままの意味ですね。ただし、「見出し」からかけ離れた内容を書いてしまうと、分かりにくい文章になってしまいますので注意しましょう。

まとめ

こちらは、必要に応じて使っていきます。これだけは伝えておきたいことや、逆にここだけ分かってもらえればOKということがあれば積極的に使っていきましょう。

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です