根拠がなくてもいいから自信を持つ

こんにちは、きゃぷてんです。

自信がない、大丈夫かな・・・何か新しいことをはじめると、誰もが不安を抱きます。

何事にも自信さえあれば「あとは行動あるのみ!」と前向きになれるのですが、現実は甘くない。不安に押しつぶされてしまい、動き出すことができなければ、現状が続くだけ、未来を変えることはできません。

ただ、自信というのは日常の些細な行動からでも付けることができす。

根拠がなくてもいいから自信を持つ(動画)

 

PDFはこちら

自信がない理由

そもそも「自信がない」とはどういうことなのかを考えてみましょう。

  • 明日のプレゼンはうまくいくだろうか・・・
  • 試験に合格できるだろうか・・・
  • このダイエットで痩せられるだろうか・・・
  • あの人に告白してOKをもらえるだろうか・・・

などなど

 

身近なところに「自信がない場合の事例」はたくさんあります。これらの事例の「原因は何か」を考えてみると自信がない理由が見えてきそうですね。

では、どのような原因が考えられるでしょうか?

実は、上に揚げた事例には大きく分けて2つの共通点があります。

それは「準備不足」「経験不足」です。

準備不足

何か求める結果があるのであれば、それに応じた準備が必要になるわけです。

大切なプレゼンであれば、事前練習やレビュー会を実施したり、告白をするのであれば、告白前に意中の人と心の距離を近づけておく必要がありますよね。

もちろん、どんなに完璧な準備をしたところで不安を完全にゼロにすることは難しいですが、しっかりと準備をしておけば「無用な不安」というものは、極限まで排除することができます。

つまり、求める結果に対して準備が伴っていれば良いわけですね。

  • 昨日勉強した内容が試験に出るだろうか・・・
  • 参考書で見落とした部分は無いだろうか・・・

極端な話、参考書の全ての問題を覚えているのであれば、試験でどんな問題を出されたところで対応できますので、「勉強した内容」とか「見落とし」というのは「無用な不安」になるわけです。

 

ただ、先ほどから「準備が大切」と当たり前のことを言っているのですが、この当たり前のことが実は難しい(笑)

僕自身、就職活動では「有名な会社に入ってやる!」と口では言っておきながら、なんの準備もしていませんでした。もちろん結果は何社受けても「不採用」ばっかり。

周りの友達はみんな内定をもらっていたので、不安や焦りでいっぱい。

みんなと同じように準備をしていれば、不安で押しつぶされそうな地獄のような日々を送らずに済んだことでしょう(笑)

経験不足

準備不足と同様に「経験不足」も不安を抱く原因の1つです。

誰でも「初めての経験」というのは不安になりますが、それが2回目だったら、3回目だったら・・・というように、場数をこなすごとに抱く不安は小さくなっていきます。

その理由は簡単で「何が起こるか予測ができるようになるから」です。

そして、予想ができるからこそ良い準備ができる。良い準備ができるから良い結果が生まれる。

この成功体験の繰り返しこそ、自信をつけるための唯一の方法です。

 

というのも、成功体験というのは「自分の考えと求める結果が一致している状態」のことですので、おのずと行動が前向きになり「やればできる!」とガンガン挑戦できるようになります。そして良い結果がどんどん舞い込んでくる。

僕はこれを「正のスパイラル」と呼んでいます(笑)

逆に、成功体験が乏しい状態、つまり「自分の考えと求める結果が一致しない状態」が続けば「どうせ無理だろうな・・・」というようにネガティブ思考になってしまうので、何をするにも不安で仕方がない状態になってしまい、手が止まってしまう。結果、何も変わらない。

僕はこれを「負のスパイラル」と呼んでいます。

 

正のスパイラルに入るためには、まずは成功体験をすることが重要なわけで、それは些細なものでも構いません。

例えば、アフィリエイトであれば、100円でもいいので「ネットでお金を稼ぐことができた」という体験をすることから始めていきましょう。そこからガンガン挑戦していければ、稼げる数字も大きくなっていきますので。

根拠のない自信が最強

これまでご紹介してきた「自信」というのは、準備であったり経験であったり、何かしらの根拠がありました。逆に言えば根拠や裏付けがなければ自信が持てないということ。

ただ、未経験の分野に飛びこむ場合には、これらの裏付けは全くありませんよね。

そんな時に必要になってくるのが「根拠のない自信」です。

 

根拠のない自信というものは文字どおり「なんとかなる気がする!」程度で問題ありません。なんの経験も裏付けもないのに「自信だけはある」というのは最強です。

というのも「よくわからないけど自信だけはある」ため、たとえ未経験の分野であっても何事にも前向に行動できるようになるので、おのずと良い結果を掴み取ることができます。

根拠のない自信 = 最強の自己暗示

 

そんな根拠のない自信をつけるためには、日頃から「ほら、できた!」という体験を繰り返し、実際に口に出して「ほら、できた!」とか「自分ならできる!」と発言して、「やればできる自分」「なんとかなる自分」を染みつかせていきましょう。

実際に口に出して「ほら、できた!」と発言する理由は、成功哲学の中の1つのテクニック「アファメーション(なりたい自分になるテクニック)」の実践です。

そして、必要な体験というのも「些細な体験」で構いません。

  • 今日はカレーを食べる!
  • エレベーターを使わない!
  • 掃除をする!

「自信ないわ」と思っているのでしたら、根拠のない自信をつけるためにも、今日からアファメーションを実践してみてくださいね。

記事が参考になりましたらシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です