アフィリエイトは時給で計算したら数十円のブラックからスタート

こんにちは、きゃぷてんです。

アフィリエイトを始めたはいいが、「時給で計算したら数十円だった」なんて言葉をよく聞きますよね。もちろん僕も、アフィリエイトを始めた頃は時給数十円程度の収入でした。ブラック企業も真っ青になるくらいの労働条件です(笑)

ただ、アフィリエイトでもなんでもいいのですが、自分でビジネスをするというのは、サラリーマンのように雇用主から給料という形でお金をいただく訳ではないので、労働者マインドは捨てた方がいいですね。

労働者マインドを捨てられないと、成果が出る前に確実に諦めますので。

アフィリエイトは時給で計算したら数十円のブラックからスタート(動画)

 

PDFはこちら

アフィリエイターは個人事業主

そもそも論として、自分の副業を時給で計算することは間違っているという部分から。

時給というのは、労働を提供した時間に応じて雇用主から支払われる賃金のことです。つまり、雇用主と労働者という関係が成り立っているからこそ時給という考えが生まれます。

そのため、言葉狩りをするようですが、我々のようにアフィリエイトで収入を得る場合、誰にも雇用されている訳ではないので時給という考えを持つこと自体間違っています。

誰にも雇用されていないということは、八百屋のおじちゃんや肉屋のおばちゃんと同様に、我々アフィリエイターも個人事業主という訳ですね。

個人事業主の収入は成果によって決まります。

八百屋のおじちゃんが店に何時間立っていようが、野菜を売りさばかない限り利益は発生しません。つまり、八百屋のおじちゃんは時給で働いているのではなく、野菜を販売するという成果に応じて収入を得ています。(成果主義で働いているということ)

これと同じようにアフィリエイターも、何かを販売する、アクセスを集めるなど、何かしらの成果を出して初めて収入を得ることができるのです。

労働者マインドを捨てましょう

このような成果主義を、無理やり時給で考えるとするならば「成果を出すまでの効率が良いか悪いか」と捉えることができます。効率がよければ作業時間あたりの収入は上がりますし、効率が悪ければ収入は下がります。

言われてみればなんてことないのですが、この「効率」というポイントに気がつくことができない人が非常に多いですね。

というのも「お金を稼ぐ=働いて給料を得る」と考えている人が多いので「労働をしたらそれに応じて収入を得られるはずだ」という幻想を抱いている人がほとんどです。
(これが労働者マインド)

雇われているのなら、その考えで間違いありませんが、アフィリエイターは個人事業主ですから、成果を出さなければ収入など発生しません。そのため、アフィリエイトを始めたばかりの頃は誰だって効率が悪いのですから、時給で計算したらとんでもなく低くなってしまう訳です。

作業時間に対して得られた収入があまりにも低いと誰だってがっかりしますよね。労働者マインドが抜けていない場合、この時点でアフィリエイトを諦めます。

ただ、下の記事でも書いているように、アフィリエイトでの収入の伸びというのは、作業効率によって曲線的に増えていきます。

始めは誰だって時給で計算すると数十円のブラックな労働条件から始まるのです。

諦めるのが早すぎませんか?

マニュアル通りやっても稼げない!?アフィリエイトで初心者が稼げない3つの理由

2017.04.08

我々アフィリエイターは、作業効率を上げることを考えましょう。

効率さえ上げることができれば、みんなが大好きな「たった1記事で○万円」とか「メール1通で○万円」というのも可能です。雇われて働いている場合、いくら作業効率を上げたところで時給は上がりませんが、アフィリエイターは効率が収入に直結します。

偉い人「お前作業効率いいから来週から時給5000円アップな!」

なんてことはあり得ないですが、アフィリエイトであれば自分の収入は効率次第で青天井に増えていきます。

なんだかワクワクしますよね(笑)

 

今は時間あたりの収入がとてつもなく低いかもしれませんが、ここが踏ん張りどころです。

多くの人はここで諦めるので、頑張り続けるだけで頭一つ抜けることができます。アフィリエイトは参入障壁が低いのでライバルこそ多いですが、そのほとんどがやる気のない適当な人たちです。

頑張れば勝てるぬるま湯の状態ですので、今の時給は気にしないで作業を続けていきましょうね。

あなたのシェアが僕の笑顔の源です





*お名前(姓)
*メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です