やる気スイッチなんか捨ててしまえ

やる気スイッチなんか捨ててしまえ

おはようございます、きゃぷてんです。

ロシアW杯が開幕して
寝不足が続いている人も多いと思います。

スペイン対ポルトガル
アルゼンチン対アイスランド
ブラジル対スイス

などなど

予選から好カードが続いているので
こればっかりは仕方がないですよね。

四年に一度のお祭りですし(笑)

継続さえできれば・・とは言うけど

我らが日本代表の初戦は
前回のブラジルW杯でも戦った
南米の強豪コロンビアです!

6月19日の夜9時からNHKで
放送されますので日本を応援しましょう!

◆日本対コロンビア
◆6月19日 21:00
◆NHK

さてさて、

今回のスポットメルマガの内容ですが
前回のスポットメルマガでお伝えした通り

【継続するコツ】

について書いていこうと思います!

実は、僕のメルマガには

◆ノウハウは理解できても継続できない
◆継続さえできれば結果が出せそう

という趣旨のメッセージが
多く寄せられています。

確かに、僕が教えているノウハウって
技術的な話は少ないですし
やれば誰でも結果を出せます。

(そのようにノウハウを改良してます)

なので、

この記事を読んでいるあなたにも
結果を出してもらうことを考えると

僕が伝えなければならないことって

【継続するコツ】

これに尽きるのではないかと
思ったわけです。

ということで、

今回のメルマガでは

1.”やる気スイッチ”なんか捨ててしまえ
2.継続の基本の”き”

について書いていきますね。

”やる気スイッチ”なんか捨ててしまえ

何をするにもそうですが
続ける=モチベーションの持続
だと思います。

仕事、勉強、ダイエット、部屋の掃除、
おしゃれ、趣味・・・

なんでもそうです。

始めた当初こそは
やる気満々で頑張れるのですが
時間が経過するにつれて・・・

といった感じ。

結局、続いてないじゃん(笑)
なんて友人に馬鹿にされた経験が
ある人も多いことでしょう。

ただ、このままだと悔しいので
反骨心のある人は”やる気スイッチ”を探して
自分のモチベーションを高めようとします。

継続云々の前に
まずはやる気を取り戻そう!
というわけですね。

なにくそ!という感情は
頑張る際に良いスパイスになりますので
僕は良いことだと思います。

ただ、実際のところ
自分のやる気スイッチを理解している人って
かなり少ないんじゃないかな。

その日の体調だったり、精神状態だったり
もしかすると、お財布の中身によっても
やる気の出し方って変わりますよね。

ということは、やる気スイッチって
時と場合によって場所や方法が変わる
とんでもない不良品とも言えそうですね。

なので、

◆今日はやる気が出ないなぁ
◆どうしたらやる気が出るかなぁ

と考えているうちに1日を無駄に過ごす
なんてことも多々あるわけです。

じゃあ、どうすればいいのよ?

と僕も思っていた頃があったのですが
学生時代の恩師の言葉が
いまでも僕の助けになっています。

やる気があるやつなんていないんだから
まずは席について教科書を開け!

そのあとにやる気を出せ!

文字にして読み返すと
かなり暴力的で根性論な言葉ですね(笑)

僕が一番嫌いなタイプの言葉です。

ただ、これを実際にやってみると
意外と効果が高いのが面白いんですよ。

嫌々始めたことであっても
自然とやる気が出てきてしまうのです。

僕が受験戦争を乗り越えられたのも
この恩師の言葉のおかげと言っても
過言ではありませんね。

さてさて、

最近の自己啓発系セミナーで
【5秒ルール】という言葉が
流行っているのを知っていますか?

内容を要約すると

◆人はそもそもやる気がない
◆5秒以上あるとやらない理由を探す
◆だから5秒以内にスタートするのがいい
◆やる気が出ないなら今すぐ始めろ!

という内容です。

ただ、自己啓発系の人たちって
なんだか胡散臭くて信用できません(笑)

なので、この5秒ルールについて
怪しい人が適当に提唱しているのではないか
と思ったので調べてみました。

すると、

5秒ルールの提唱者は
メルロビンスさんという人で
元弁護士の肩書きを持ち講演会を開くくらい
ちゃんとしている人でした。

怪しんですみませんでした(笑)

書籍にもなっているようですが
本を読むのがだるいという場合は
下のYouTubeが勉強になります。

やる気があるやつなんていないんだから
まずは席について教科書を開け!

そのあとにやる気を出せ!

どうやら、僕の恩師は
5秒ルールが提唱される前に
5秒ルールを布教していたようです(笑)

継続の基本の”き”

さてさて、

5秒ルールでやる気を出した後は
そのやる気をいかに継続させるかが
問題になってきます。

いかにモチベーションを長続きさせるか

その方法については、
僕が提唱している【継続=アクセル理論】に
共感してくださる方が多いです。

この記事は他メディアでも紹介されているので
ぜひ、参考にしてみてください。

モチベーションの上下に踊らされないセルフマネージメント術

2016.12.25

内容を要約すると

◆ハードルの低いことから継続を始めよう
◆それが継続できたらステップアップしよう
◆サボる時はサボると決めてからサボろう

といった内容です。

5秒ルール、継続=アクセル理論

これらをマスターすれば、たとえ
どんなに面倒なことでも継続できてしまいます。

今年こそは継続したい!

と感じているのであれば
ぜひ、参考にしてください。

PS.

ちなみに、心理学ではやる気の種類として
以下の定義があります。

◆生理的動機付け
◆外発的動機付け
◆内発的動機付け

例えば、

◆命の危険があるから”やる気”を出す(生理的)
◆誰かに言われたから”やる気”を出す(外発的)
◆自分がやりたいから”やる気”を出す(内発的)

といった感じです。

低次元のやる気から順番に並べると
生理的、外発的、内発的という順番になります。

やる気そのものについて学びたいという場合は
心理学の研究論文が沢山出ていますので
それらを読んでみるといいかもしれません。

それでは、

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

今日のおすすめ記事

副業をやっていることを周りに内緒にすると結果が出ない

2017.05.21

リアルタイムでの購読は”無料メール講座”にご登録ください

※ この記事はメールマガジンのバックナンバーです。
リアルタイムでの購読は無料メール講座にご登録ください。

今なら、期間限定で無料プレゼントをご用意しています。

やる気スイッチなんか捨ててしまえ

あなたのシェアが僕の笑顔の源です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

きゃぷてん

アフィリエイトは副業でやってます。「まったり自由に生きる」がモットーなのでブログ名をliberty-life-blogにしました。 <趣味> 汚い居酒屋探し、フットサル、お散歩、筋トレ <特技> 足首を無限にポキポキ鳴らせます。