仮想通貨投資が素人でも稼げるのかを実際に試してみた

仮想通貨 稼げる 試してみた

こんにちは、きゃぷてんです。

今年に入り、仮想通貨の爆上げが止まりませんね。

この記事を書いている時点でビットコインが約200万円ですが、2017年1月のころは、なんと10万円ほどだったというから驚きです。(単純に1年で価値が20倍に跳ね上がっています)

ごくごく最近では、モナコインが500円代から一気に2000円代まで跳ね上がりましたし「仮想通貨はもう遅い」なんて言われますがまだまだ参入のチャンスはありそうですね。

そこで、副業実践者としては「効率的に稼げそうな話」には乗っかってみようじゃないか!ということで、仮想通貨に興味はあるけど手を出していない皆さんのために、僕が人柱となったわけです。

そもそも仮想通貨とは?

仮想”通貨”という名前から想像できる通り、仮想通貨は「お金」です。

一言で言ってしまえばインターネット上のお金です。ゲーム内だけで使えるお金に似ていますが、仮想通貨は現実世界でも使うことができます。

アマゾンや楽天、DMMやビッグカメラなどでビットコイン決済ができるのは有名な話です。

ただ、日本ではまだまだ使えるお店は少ないので「インターネット上にお金があるってそんなに便利なことなの?」と懐疑的になってしまいますが、世界では急速に使えるお店が増えています。

飲食店、美容室、ネイルサロン、病院、スーパー、コンビニ、ガソリンスタンド、ありとあらゆるところで、仮想通貨を使いキャッシュレスにサービスを受けることができます。

SF映画のような世界ですが、現実に起こっていること考えると驚きですよね。

また、仮想通貨は「金(ゴールド)」のように埋蔵量に上限が決まっているので、インフレの心配がないことから、投資先として注目が集まり近年の爆上げが起こっています。

仮想通貨の「仕組み」について話を始めると、かなり長くなってしまいますので、また別の記事に書きますね。

 

そうそう、電子マネーと仮想通貨を混同してしまう人が多いですが別物です。電子マネーは、実際にあるお金を電子化したものですよね。(1000円持っている → Suicaに1000円チャージ)

つまり、元々1000円というお金があり、その姿が、お札なのかSuicaなのかの違いなだけで、元をただせば日本銀行が発行した1000円ですので、電子マネーは仮想通貨ではありません。

仮想通貨にはどんな種類があるの?

現在、仮想通貨には1000以上の種類が存在しているといわれていますが、今のところ「ビットコイン」と「それ以外」の2つに分類することができます。

ビットコインはソースコードを公開しているので、誰でも真似をすることができます。そのため、現在存在している仮想通貨のほぼ全てが、ビットコインを元に作られているわけです。

その気になれば「きゃぷてんコイン」を発行することもできます(笑)

そして、上記のようなビットコインを元に作られた仮想通貨を、まとめて「アルトコイン」と呼びます。(Alternative Coinの略)イーサリアム、ライトコイン、モナーコインなどなど、色々な種類がありますが、それらはすべてアルトコインです。

仮想通貨取引はどうやって始めるの?

仮想通貨の取引を始めるには、FXと同様に取引所と呼ばれるサービスに自分の口座をつくる必要があります。(身分証明書の提示などが必要です)

日本では、bitflyerやCoincheckなどが有名な取引所ですね。

取引所ごとに「手数料」や「扱っている仮想通貨」「信用取引ができる」など特徴が違いますので、ご自身の状況に合う取引所を選ぶといいですね。

僕は「有名」という理由だけで「bitflyer」を選びましたが(笑)

ちなみに「仮想通貨 取引所 おすすめ」などで検索すると「Coincheck」をおすすめするサイトが多いですが、その理由は「Coincheckのみ紹介料がもらえるから」なので、しっかりと自分の目で確かめてくださいね。

実際に仮想通貨取引をやってみた

はじめに僕のスペックとして、投資経験のないど素人です。

そんな僕が、なぜ仮想通貨取引をはじめたかと言うと、前日に2chでモナコインの爆上げが話題になったからです。当時(2017年10月ごろ)は、モナコインの価値が1MONA当たり50円程度でしたが、1夜にして10倍の500円にまで高騰し話題になりました。

仮想通貨と聞くと、マウントゴックス事件を連想し、あまり良いイメージがない人が多いと思います。もちろん僕もその1人だったのですが、最後は若さゆえの行動力で、その日のうちに取引所に口座を作ってしまいました。

ちなみに、僕は行動力に絶対の自信を持っていますが、その分、火傷も多くしています(笑)

やはり「おいしい話、効率よく稼げる話」を聞くと、副業実践者としては、是非ともやってみたいと思うわけです。こんな感じで、2chをきっかけに僕の仮想通貨投資が始まりました。

まずは3万円でデビュー、直後に暴落

ど素人がいきなり何十万も突っ込むのは、さすがアホだと思ったので、まずは3万円で仮想通貨デビューすることにしました。

また、どこかに一点がけするほどの度胸もないので、購入できる仮想通貨をバランスよく購入。

※当時のレートです

  • ビットコイン:0.01BTC(7000円くらい)
  • イーサリアム:0.1ETH(4000円くらい)
  • イーサクラシック:3ETC(4500円くらい)
  • ライトコイン:0.7LTC(5500円くらい)
  • ビットコインキャッシュ:0.1BCH(4000円くらい)
  • モナコイン:10MONA(5000円くらい)

これで、投資家デビューか・・・

といった具合にドヤ顔する間も無く、一瞬で資産が10%以上溶けました。

仮想通貨 大暴落
仮想通貨 大暴落

 

取引所を介して、仮想通貨の取引を行う場合、スプレッドと呼ばれる手数料が存在するそうですが、そんなものとは関係なく、明らかに仮想通貨の価値の下落によって、僕の資産が溶けていることがわかります。主にモナコインに足を引っ張られていますね。

投資の世界では、溶かした分だけ強くなると言う言葉があるそうですが、僕も強くなれるのでしょうか。心配になったデビュー戦です。

ホールドをやめトレード開始→死亡

増えたら減ってを繰り返し、一向に元本を取り戻せない毎日。そんな時、僕に天才的な閃きがやってきました。

→「持っている通貨が悪い、トレードをしたら稼げるぞ!」

もちろん、そんなことはど素人の思いつきに過ぎず、この閃きは死亡フラグとなり僕の元に帰ってきます。一時期、3万円あった資産は1万円台も目の前となり、僕はスマホを見るのをやめました。

これまでの人生、どんなことでも人並み以上の結果を残してきたと自負していたのですが、どうやら投資の才能は皆無のようです。資産の目減りは正直どうでもよくて、自分の不甲斐なさ、投資の才能のなさにがっかりしていました。

当時の写真が残っていればよかったのですが。

初体験のそり立つ壁

スマホを見るのをやめてから1週間。

久しぶりに取引所にログインしたところ、これまでとは違った光景が広がっていました。底なし沼にのめり込んでいた僕の目の前に、そり立つ壁が出来上がっていたのです。

仮想通貨 大暴落
仮想通貨 大暴落

 

仮想通貨投資から撤退を考えていた頃、ついにこの世界の「うま味」を味わうことができました。

仮想通貨に対する印象が「怪しいもの」から「稼げるかもしれない」に変わりはじめたため、運用額を3万円から10万円に増資して、様子を見ることにします。

最大規模のナイアガラが直撃

その後はいい感じに資産が増え、月で考えると僕の資産は10%ほどの成長を見せていました。

僕のメールマガジンを読んでいる方ならお気づきと思いますが、数日前までは、ここでこの記事を終わりにして、結論「とりあえず稼げた」としようと思っていました。

しかしながら、この記事を公開する前に「大暴落(通称:ナイアガラの滝)」を直撃し、これまで増やしてきたものは一瞬で消し飛び、ついに元本割れの世界に戻ってしまいました。

そのため、メールマガジンでは、元本割れしましたとご報告したわけです。

仮想通貨 大暴落
仮想通貨 大暴落

 

仮想通貨とナイアガラの滝

2017.12.12

奇跡の大復活

実は、この話には続きがあり、ナイアガラ発生日のうちに、最大でー2万円だったのがー2千円程度まで復活をしてくれました。

仮想通貨 大暴落
仮想通貨 大暴落

 

調べてみたところ、仮想通貨の法則として大暴落後に爆上げが起こることが多いようです。

もちろん、底値だと思ったらさらに地中深くまで底を突き破ることも多いので、手放しで信用できる情報ではありませんが、知っているか知っていないかで違いが出る情報ではあります。

そして、その後は僕の資産がメキメキと成長し、本日過去最高の日利を叩き出し、ぐんぐん資産が増えています。まさに奇跡の大復活を遂げることができたわけですね。

仮想通貨 大暴落
仮想通貨 大暴落

 

さてさて、最後の画像で気が付いた人も多いと思いますが、通信キャリアをSoftBankからY!mobileに変更しました(私事ですみません、笑)

起業家の友達に携帯事情を聞いたところ、格安SIMを推していたので、その影響で僕も乗り換えてみました。無駄な固定費は下げるのが鉄則だそうで、お金に対する意識の違いを感じましたね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ご覧の通り、今のところは稼ぐことができて一安心です(笑)

ただ、仮想通貨取引も投資の一部ですので余剰資金でやるべきですね。値動きが激しい分、大きく価値が増えることもあれば、ガクッと価値が下がってしまうこともあります。

そんな時に一喜一憂しないためにも、たとえ0になっても困らない程度の金額で始めるべきです。

自分が汗を流して頑張って稼いだお金が、仮想通貨の暴落とともに木っ端みじんに砕け散ってしまうのは、なかなか厳しい経験になってしまうかもしれませんからね。

僕の場合は、インターネットから稼いだお金(人によってはあぶく銭と感じる)を元手に始めましたので、仮想通貨が大暴落したときも「ふーん」と見守り、メルマガのネタにしてやりました。

そして、その後の奇跡の大復活。

効率よく稼ぐというポイントを考えると、今後は「ネットで稼ぐ(あぶく銭をGETする)」→「仮想通貨を運用する」というスタイルが流行りそうですね。実際に僕もそのスタイルですし。

何より、汗を流して稼いだお金じゃないので、どこか他人事のように仮想通貨の値動きを見ることができます。(これが精神衛生上めちゃめちゃ良い)

僕の無料メール講座では、サラリーマンの副業でも月に10万円程度の副収入を得る方法、実際に僕が1日1時間の作業で稼いだ方法を、包み隠さずお伝えしています。

お伝えする方法で稼いだお金を投資に回し、僕のように第3第4の収入源を作ってしまいましょう。

見込みが薄い給料UPを待つよりも、自分で稼いでしまった方が早いですからね。興味がありましたら、ぜひ、無料メール講座に登録してくださいね。

仮想通貨 稼げる 試してみた

あなたのシェアが僕の笑顔の源です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

きゃぷてん

アフィリエイトは副業でやってます。「まったり自由に生きる」がモットーなのでブログ名をliberty-life-blogにしました。 <趣味> 汚い居酒屋探し、フットサル、お散歩、筋トレ <特技> 足首を無限にポキポキ鳴らせます。