MacのWordで「かな」がスペースになるときの対処方法は「command」+「shift」+「J」

こんにちは、きゃぷてんです。

僕は外でブログを更新するときに、Mac Book Airを利用しています。(かれこれ5年くらいなのでそろそろ寿命ですね、笑)

そんな愛用しているMacちゃんなのですが、先日、Wordで日本語入力するために「かな」キーを押したところ、あら不思議!!スペースと判定されてしまったのです。いくら「かな」を押しても、永遠にカーソルが右に移動するだけ・・・

試しに「英数」キーを押してみても同じ結果に・・・(涙)

そろそろ寿命かと諦めかけたのですが、画期的に簡単に直す方法がありましたのご紹介します。

困ったら「command」+「shift」+「J」で日本語モードに!

この記事のタイトルが答えなのですが、設定やら、なんやら、面倒な話を抜きに考える場合、強制的にMacのWordを「日本語モード」にしてしまえばいいのです。

Wordを開いた状態で・・・

「command」+「shift」+「J」

たったこれだけで、「かな・英数」のスペース問題が解決しました(笑)

この問題が発生した原因はわかりませんが、どうやら、何かしらのタイミングで「Wordのキーボード設定が変更されていた」ということでしょう。

なので、その解決方法として、強制的に「日本語入力モード」に設定できる「command」+「shift」+「J」と入力してあげればOKというわけですね。

そのため、この「日本語入力モード」に設定してあげると、いい感じに「日本語入力用の設定になる」ので、これまで通りに使用感でMacのWordを操作できるようになります。

もし、また同じようにMacのWordで「かな・英数」のスペース問題が再発した場合は、この記事で紹介したように「command」+「shift」+「J」で日本語乳力モードに設定してあげましょう!!

知っておくと便利なMacのお役立ち操作やツールまとめ

2018.01.24

あなたのシェアが僕の笑顔の源です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

きゃぷてん

アフィリエイトは副業でやってます。「まったり自由に生きる」がモットーなのでブログ名をliberty-life-blogにしました。 <趣味> 汚い居酒屋探し、フットサル、お散歩、筋トレ <特技> 足首を無限にポキポキ鳴らせます。