意識低い系サラリーマン診断【彼等の特徴を学んで反面教師にしよう!】

こんにちは、きゃぷてんです。

僕は現在進行形でサラリーマンをやっていて、2回程部署異動を経験しました。そこで感じたのが、やはりどこの組織にもダメ人間、失礼、意識低い系サラリーマンというのが存在します。(笑)

パレートの法則(2:8の法則)に従うかのように、どこの組織にも一定数の意識低い系サラリーマンが存在するのが不思議でしかたありませんが、おかげで意識低い系サラリーマンの特徴が分かってきました。

彼等彼女等を反面教師にすることで、ゆるやかではありますが、僕は昇進の道を進めています。
(※個人の感想です)

今回は僕の経験をもとに、意識低い系サラリーマン診断を作成したので、彼等彼女等を反面教師にして、ハイクオリティなサラリーマンを目指して行きましょう。

意識低い系サラリーマン診断の使い方

今回、作成した意識低い系サラリーマン診断は、僕がこれまでに出逢ってきた数々の意識低い系サラリーマンの特徴を網羅的に記載しています。

ですので、診断系によくあるような漠然としたチェック項目ではなく、もっと具体的な実生活レベルでの特徴を記載していきます。そのため、これから記載する特徴に一致した数だけ、あなたはやばい奴意識低い系サラリーマンであると考えてもらって問題ありません。

また、特徴が一致していないからといって安心するのではなく、しっかりと反面教師とすることで、我々の成長へと繋げていきましょう。

意識低い系サラリーマン診断

意識低い系サラリーマン診断

時間を守れない

まずは、お約束の時間を守らないといった特徴ですね。

遅刻に始まり、休憩時間が長い、納期を守らない、レスポンスが悪いなどなど、例を挙げたらキリがないので、この辺にしておきます。(笑)

実は、毎日のように遅刻をする同僚がいるので、遅刻を繰り返す人の心理状況について勉強した事があります。そこで分かったのは鬱病などの方を除けば「早め行動をすると自分の時間を損することになる」といった感情があるそうです。

たとえば、9時に出社と決まっているのであれば9時前に出社するのは、早く来た分だけ損をしていることになると言った論理です。

確かに、9時から働くルールなのでその考えは否定しませんが、その理論を突き通すのであれば遅刻をせずに9時0分0秒にくるべきですね。しかしながら遅刻をしてしまう。

つまり、遅刻のいい訳を用意して自分を肯定しているだけだそうです。

他には、イスラエルの心理学者、ジョセフ・シュワルツワルドの文献には「遅刻をする人は、そもそもやる気がない」といった元も子もない内容もあります。(笑)

でも・だってが口癖

知り合いに1人はいると思います。会話が否定から始まる人ですね。

なぜ、会話を否定から始めるかと言うと、答えは簡単で「自分の価値観が絶対だと思っているから」です。いい訳ばっかりでめんどクセェ奴だな、と感じるかもしれませんが、本人としては言い訳ではなく、我々の意見が間違っているから正してあげようと考えている場合があります。

いい訳としての「でも・だって」を考えると、自分のことを客観的な視点で観れていない場合がありますね。

例えば、何か注意を受けた時に「オレはできている」「私は大丈夫」→「なのになんで注意してくるの?」という思考パターンや、指摘を受けた時に精一杯自分を肯定する為の論点ずらしとして「でもこの点は・・」「だってこの場合は・・」といった言葉が出てきます。

求められているクオリティに達していないから注意を受けるわけですが、自分の目線でしか物事を考えていないと「求められているクオリティ」自体を理解出来ていないので、上記のようなやりとりになる訳です。

はっきり言って、このタイプを更生させるのは難しいです。

と言うのも、この記事のタイトルにあるような「反面教師」と言う概念がありませんので、人の振り見て我が振り直せと言えないのが辛いですよね。

自分の意見を持たない

自分の意見が無いと言うことで、意識低い系というよりは意識無い系の人です。(笑)

別に立派な意見を持てと言っているのではなく、現状を不便に感じる感性だけあれば十分です。例えば、仕事をしていると「改善」という言葉が付き物ですが、現状を不便に感じる感性が無ければ改善は生まれませんよね。

あなたも新人時代に上司から「言われたことだけやれば良いと思うな」とアドバイスを貰った経験があると思いますが、その言葉の本質は「改善」を求めている訳です。

しかしながら、意識無い系の場合は言われたらことを言われままこなすだけですので、現状を不便に感じる感性はありません。すると何も改善が生まれ無いので、上司から「成長意欲がない、問題意識が無い、やる気がない」と言った烙印を押され、同僚からは意識低い系と言われてしまいます。

詰めが甘い

ぱっと見は良さそうな仕事をするけれども、質問をするとボロが出るタイプです。

それらしいところから、それらしいものを持ってきて、自分の実力かのように振る舞っているだけなので質問をするとボロが出ます。「出来た気になっているだけ」と言うとわかりやすいですね。

「なぜそうなるのか」「どうしてそれが必要なのか」といった大切な過程をすべてすっ飛ばして、結論だけをどこかから持ってくるので自分の言葉で説明することが出来ません。新人SEに多いプログラムは出来たけど、なんで動いているのか分からないといった状況です。(笑)

曖昧な言葉を使う

「〇〇”だと”思います」「〇時”ごろ”に行きます」「”大体”できました」などなど断定せずに、言葉に曖昧さを残している人ですね。

人間には自己防衛本能がありますので、言い訳できる余地を残しておきたいと考えるのは仕方ありません。しかしながら、このような人を相手に仕事をすると苦労することが多いです。

「いつまでにできるの?」「どこまで終わったの?」と常に、こちらから進捗状況を確認しなければすべてがブラックボックスになってしまうので、蓋を開けたら何もできていなかったというオチになりがちです。

他には「分かりました」と言うけれども、何を分かったのか言わないというパターンもあります。

メモはとるけど読み返さない

メモをとって満足するタイプですね。目的と手段が理解出来ていません。

本来の目的は、教えてもらった内容を理解することであり、その手段としてメモをとるのですが、メモをとることが目的となってしまい、メモを終えたら満足してしまいます。

そのため、メモを読み返すことが無いので、いつまでたっても教えた内容を身につけてくれません。何度も同じミスをする人も同じタイプに分類できますね。

また、このタイプの人は自分の能力を過大評価している場合もあるので注意が必要です。1度メモすれば”自分なら覚えられる”といった慢心とか驕りがあるとメモを読み返す事は無いので。

清潔感がない

ヨレヨレの服をきている、靴の底が擦り減っている、机が汚い。

これらの特徴がある場合は、自分が人からどう思われているのかを意識していません。つまり自分のことを第三者視点で見ることができていないということ。

自分のことしか考えていないわけですか、相手の立場にたった行動ができ無いので良いパフォーマンスを発揮する事はできません。

結局、自分のことを評価するのは自分ではなく上司(自分では無い第三者)ですか、他人に与えている自分の印象は意識した方がいいです。

よっぽど本人の能力が高ければ、だらしない一面も見逃してもらえますが、僕も含め多くの人には大した能力は備わっていませんので、身だしなみくらいはしっかりした方がいいですね。

お箸の持ち方が汚い

こちらも、他人に与えている印象を意識できていない人の特徴です。

あと、全員ではありませんが個人的な感想としては、お箸の持ち方が汚い人の多くが、育ちが悪い、幼少期の家庭環境が悪い、故に、わがまま、あまちゃん、自己中といった印象があります。

完全に僕の偏見ですが。(笑)

武勇伝を後輩に語る

過去の栄光を少々盛って話す人ですね。

承認欲求が満たされていない人の多くが武勇伝を語ります。武勇伝は証明のしようがないので、いくらでも「すごい自分」を演出することができます。もちろん信じてもらえるかは別ですが。

では、なぜ彼らは承認欲求が満たされていないかと言うと「すごい人じゃないから」か「昔はすごくても今は大したことないから」です。自慢できるような能力も実績も、今となっては何も無い、だから過去の栄光にすがるしか無いわけですね。

今の自分の現状を直視できていないと言うことですね。

残業が多い

ムダ残業をする人ですね。

仕事をしているかは別として、残業をすると「仕事をしてる感」は出ます。自分がチームのメンバーに貢献できていないと自覚がある場合、罪悪感から「何かしなくてはいけない」と感じます。

それ自体はいいことですが、安直に残業をして「仕事をしてる感」を感じて、自分自身を肯定したいだけの人がいます。

最後に

いかがだったでしょうか。3つ以上当てはまったら意識低い系サラリーマンの素質ありです。(笑)

また、意識低い系サラリーマン診断のチェック項目は、定期的に編集していきたいと考えています。ですので、もし、あなたの同僚に意識低い系サラリーマンがいらっしゃいましたら、特徴をコメントしていただけるととても嬉しいです。

あなたのシェアが僕の笑顔の源です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

きゃぷてん

アフィリエイトは副業でやってます。「まったり自由に生きる」がモットーなのでブログ名をliberty-life-blogにしました。 <趣味> 汚い居酒屋探し、フットサル、お散歩、筋トレ <特技> 足首を無限にポキポキ鳴らせます。