特化型サイトの考え方・ジャンル選定について

おはようございます、きゃぷてんです。

毎度のことながら、
お久しぶりのスポットメルマガです(笑)

今回のスポットメルマガの内容ですが
最近、特化型サイトに関する相談が多いので
それについて書いていこうと思います。

特化型サイトの考え方・ジャンル選定の不安

それでは本題に入っていきましょう!!

いただいた質問を精査していると
トレンドサイトと特化型サイトの
【戦略】を混同している方が多いことに
気がつきました。

例えば、

◆ その1

特化型サイトをやりたいけど
自分が得意なジャンルの記事で
たくさんのアクセスを狙えるか不安だ

◆ その2

やりたいジャンルがマイナー・ニッチだ
→大量アクセスを狙えない
→ジャンル選定が間違っていますか?

といった質問です。

結論から言うと、特化型サイトでは
“大きなアクセス”は狙いません。

なので、

特化型サイトをやりたいのであれば
どんなジャンルを選んでもOKです。

ただ、

Googleアドセンスを収益の柱と考えた場合
大量アクセスを狙うのがセオリーですよね?

なので、

トレンドサイトと同様に
特化型サイトでも大量アクセスこそ正義!!
という考えは正しいのです。

結局どっちやねん!
とツッコミが来そうですね(笑)

トレンドサイトと特化型サイトでは
大量アクセスの定義が微妙に違うので
戦略を間違えないようにしましょう。

例えば、月収10万円の目安である
1日1万PVを目指すとしましょう。

サイト全体で見れば、

トレンドサイトでも特化型サイトでも
1日1万PV集めるという部分は同じですが
1万PVの内訳が違ってきます。

トレンドサイトの場合であれば、
1記事で1万PVを狙えるような
キーワードで記事を作成する。

これに対して

特化型サイトの場合は
100記事で1万PVを狙えるような
キーワードで記事を作成します。

・1記事で1万PVを狙うか
・100記事で1万PVを狙うか

といった違いがあります。

なぜ、このような狙い方をするのか?

という疑問が浮かぶと思いますので
トレンドサイトと特化型サイトに分けて
説明していきますね。

【トレンドサイトの場合】

トレンドサイトのメリットは
稼げるまでのスピードが早いことでしょう。

キーワード選定とゴリゴリのSEOで
検索需要を独り占めすることにより
短期間で稼ぐことができるわけです。

僕が初めて月収10万円を突破した時は
3ヶ月で70記事くらいしか更新してないので
非常にコスパが良いと思いましたね。

その反面、サイト運営者のセンスとか
目の付け所にアクセス数(月収)が直結します。

どのキーワードで記事を書くか
という部分ですね。

・検索需要が高い
・ライバルがいない(または勝てる)

これらを満たすキーワードを
探して記事にするセンスです。

このセンスを磨かない限り
明るい未来はありません。

このような書き方をすると
トレンドサイトをやりたがる人が
いなくなりそうですね(笑)

ただ、事実なのでお伝えしますし
よくある「誰にでもできます!」系の
落とし穴なので忘れないでくださいね。

あとは、記事ネタに流行を扱うので

記事の賞味期限(需要)が短いため
永遠に記事を書き続けなければ収入が下がる
といったデメリットもあります。

以上がトレンドサイトの戦略と
メリットデメリットの概要です。

さてさて、

続いては【特化型サイトの場合】です。

このノウハウのメリットを挙げると

◆センスが必要ない
◆トレンドを追わなくていい
◆ほったらかしでも収入が落ちにくい

という3つになります。

僕も、最近は【特化型サイト】を
メインに作成しています。

基本的に、特化型サイトの場合は
100記事入れてからがスタートライン
という言葉があるほど物量で勝負する作戦です。

1記事あたり100PV取れればOKという
スタンスで記事を更新していくので
ジャンルがニッチでも問題ないのです。

それに1記事あたり100PVが目安なので
絶対にライバルを絶対勝つ!!負けない!!
と鼻息を荒くする必要もありません(笑)

また、流行に振り回されないような
通年で検索が見込めるネタを扱えば
ほったらかしでもアクセスが落ちにくいです。

つまり収入が落ちにくいということ。

ただ、注意点をあげるとしたら
記事ネタが少ないジャンルは
避けたほうがいいですね。

前述したように
記事数が勝負になりますので。

とは言っても、

どんなジャンルであれ
オタッキーに突き詰めればいくらでも
ネタは転がっています。

なので、特化型サイトをやるのであれば
ジャンル選定とかよりも一番重要なのは
そのジャンルが好きかどうかです。

大好きなジャンルで、なおかつ
そのジャンルのオタクになれるか

ここで失敗すると記事更新は苦痛ですし
明るい未来はありません。

以上が特化型サイトの戦略と
メリットデメリットの概要です。

【最近のGoogle事情について】

最後に、

最近のGoogle事情について
お伝えしようと思います。

3ヶ月・4ヶ月とサイトを運営していると
ドメインの評価が高まってくるので
キーワード選定がしょぼかったとしても
今のGoogleならコンテンツSEOで上位表示できます。

コンテンツSEOとは
俗に言われている記事の濃さのことです。

何をもって濃い記事とされるかですが
網羅性と専門性といった指標があります。

網羅性=広く浅く
専門性=狭く深く

この指標が、めんどくせぇと感じるのであれば
文字数が多ければ良い評価をもらえる
と考えてもらってもOKです。(いまのところは)

サイトを開設して間もない、
それこそ開始1ヶ月目とかで
月収10万円を目指しているのであれば
針の穴を通すようなセンスが必要ですが

3ヶ月から6ヶ月くらいの期間
記事更新を続けられるのであれば
前述したコンテンツSEO頼りで
なんとかなります。

なので、僕が日頃からお伝えしているように
トレンドサイトであれ特化型サイトであれ
続けることさえできれば稼げるようになります。

もちろん、今後すごいAIが開発されたり
記事作成者のランク付けが始まると
今のノウハウは通用しなくなりますが

現状、やれば稼げるわけですから
“稼げるうちに稼ぐ”
という考えが賢いと思います。

失敗したくない、と不安になり
手が止まってしまう気持ちもわかりますが

せっかく副業に興味を持ったのであれば
どんどんチャレンジしていいと思いますよ。

たとえ失敗しても
ネット上にゴミ記事ができるだけです(笑)

不動産投資みたいに莫大な負債を
抱えるわけではないので大丈夫!

アフィリエイトって
ノーリスクだしリターンは青天井だし
最強の副業だなと思いますね。

それでは、

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

今日のおすすめ記事

インプットばかりの知識デブにご用心

2017.03.05

リアルタイムでの購読は”無料メール講座”にご登録ください

※ この記事はメールマガジンのバックナンバーです。
リアルタイムでの購読は無料メール講座にご登録ください。

今なら、期間限定で無料プレゼントをご用意しています。

あなたのシェアが僕の笑顔の源です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

きゃぷてん

アフィリエイトは副業でやってます。「まったり自由に生きる」がモットーなのでブログ名をliberty-life-blogにしました。 <趣味> 汚い居酒屋探し、フットサル、お散歩、筋トレ <特技> 足首を無限にポキポキ鳴らせます。